JATAスポーツトレーナー資格

プロスポーツ選手の人生

 

プロスポーツ選手になるとどの様な生活を送れるのか

 
 
プロスポーツ選手の定義として、その専門競技だけで生計を立てていることを言います。
しかし、実際に競技だけで生計を立てられるのは多くのスポーツの内の一部であり、オリンピック競技になっていようが、実業団として会社の事務作業を強いられると言うのが現状です。
そんな中でも、サッカーや野球といったスポーツはメジャーであり、観客動員数も多いことから、他のスポーツに比べたら所得は大きいかもしれません。
しかし、所得が大きいと言うのもさらに少数のみです。
実際にプロサッカー選手の大半を占めている層が年収360万円です。これは月30万稼ぐ計算ですが、サラリーマンとほぼ変わりません。
華やかな世界と言えますか?
 
 

引退後はどうなるのか

 
サッカー選手の選手寿命というのは3年程度です。野球でも5年といった様に、スポーツ選手の大半の寿命は短いでしょう。すると、サッカーでは高卒の18歳でプロになった場合、21歳で引退。大卒の22歳でプロになった場合、25歳で引退です。
大抵、スポーツ選手というのは、その専門競技以外のことははっきり言って疎かにしてきます。なぜかというと日本の環境がそうだからです。
プロスポーツ選手になる前は「プロにはなれないから他の勉強をしろ」と、現実を突きつけて可能性を無くさせます。逆にプロになり他のことをしようとすると「目の前の物事に集中しろ」と、周りを見えなく洗脳していきます。
 
するとどうなるか。
 
プロになれないから他の勉強をしようとした人は、もちろんスポーツへの熱量が冷めていきプロになれる確率が下がります。
逆に、プロになれる人というのは、もともとわがままで勉強が嫌い、自分の好きなことしかやりたくないといった様な、我の強い人が、プロになりやすい傾向があります。
 
すると、自然と、目の前の事しか考えない人だけが残っていきます。
プロを教える指導者も監督も、その様な人が事実多いです。
ましてや、日本全体の平均的な考え方が、お金を考えるということは「汚れの仕事」「金の亡者」「悪い事」だと思っています。
 
となると「セカンドキャリアを考える」という事が、まずなくなってきます。
 
そんな社会不適合者(自分もまさにそうでした)とも言えよう大半の年収360万円のスポーツ選手が、21や25歳で引退した場合、何ができますか?お金もない、勉強もできない、専門知識もない。王道では月収16万の競技の指導者。結局行き着くのは、力仕事やバイト、上手くいって人当たりの良さを生かした保険の営業などしか、道はありません。
 
今までどんな辛い思いや、苦労を積んできても、引退後はそんなもんです。
それでいいんですか?
って事ですね。
 
 

プロスポーツ選手を目指す学生に向けて

 
サッカー選手になれる確率は0.001%。
それはスポーツやレジャーで死亡する確率より低い数字です。
この数字に挑むために、多くの時間の犠牲は必要です。
しかし、人生で考えた場合、引退後はあと3倍近くの人生を送る人がほとんどでしょう。
選手生命というのは、そんな長い人生の一部にしか過ぎません。
 
ここからが重要です。
 
選手引退後の長い人生を、より有利に進めていくには、選手期間中に自分を活かしたビジネスを考えたり、違ったカテゴリの人と関わり、新しい刺激を受けておく事です。
視野を広げたり新しい価値観を得る事で、必ず他の選手よりも良い人生を送れます。
 
元サッカー選手の中田英寿さんは良い例です。
もちろん有名であったことから、周りの取り巻きや、寄ってくるスポンサーなども多いことは間違いないです。しかし、人と会い新しい価値観と触れ、人脈を広げていったのは、実際に自ら足を運んだりと彼の行動があっての事です。
 
プロスポーツ引退後により良い生活ができるか、スポーツ引退後にスポーツの経験が活かせるか、または社会に適合ができずに、社会の足を引っ張る存在になってしまうのか、全ては試合前の準備の様に、人生の後半戦の良い準備も必要です。
 
 

ジャパンアスリートトレーナー協会の使命

 
ジャパンアスリートトレーナー協会では、アスリートのセカンドキャリアを応援しています。
学生アスリートやプロアスリートの社会への考え方や、ビジネスへの関わり方、ビジネスマナーなど、アスリートの強いマインドがビジネスで活かされるように、勉強の機会を設けています。
今後の社会では、アスリートのチカラが強く活きてくる時代です。培ってきたマインドが社会貢献に繋がります。
JATAの資格はアスリートの可能性を広げます。
そんなアスリートを我々はお待ちしております。
 
 

プロスポーツ選手の人生” への1件のフィードバック

  1. こんばんはれいのさん。

    れいのさんに出会えていろいろ変わりました。考え方、見方、そしてこれからどうすべきか。

    自分もそう

    サッカーをアマチュアで終わっているから社会に出ているものの選手生命が短いことは知っていましたしだからこそと思います

    セカンドキャリアを進めてくれるのはクラブの象徴のような選手一部ですからね

    JATAの活動イイなぁと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です