今回はJATA認定トレーナーの「しまお」さん( shimao_hlc インスタグラムより)監修の記事をお送りします!

「放っておくな!その首痛、頭痛、目疲れ!」

ということで、原因を教えていただきましょう!


全ては首回り

皆様はこんなこと、ありませんか?

長時間パソコン作業をしていると、目の奥の方が痛む...

デスクワークばかりな最近、首が思うように動かしづらくなってきた...

在宅ワークになってから、寝違えることが多い...

ズバリそれらは【首】周りの筋肉が原因かもしれません。

首には、私達が生きる上で大切な【神経】【血管】がたくさん集まっています。

そして、その神経の上に、沢山の筋肉があります。

首や首周りの筋肉が伸びきってしまい、筋肉と筋肉同士がくっつき合ってしまうと、神経や血管を圧迫します。

その結果、血行不良や神経の伝達不良が起き、頭痛や目疲れ、酷い時はめまいや吐き気をもよおします。

1~2時間間隔で、首や肩を動かしたり、回したりして【同じ姿勢】を長時間取らないような配慮をしてみてください!

こう言ったことが、普段のパフォーマンスの向上に繋がり、仕事時間の短縮、良いアイデアの創造、集中力などの向上に期待ができます!


しまおの独り言

こんなに肩こり、肩こり、首痛、首痛と悩んでいるのは、実は日本人が圧倒的。

欧米では肩こりや首痛持ちがいらっしゃるもかなり少数。

その背景には、【骨格】に大きな関係があるようです。


いかがでしたか?

健康寿命長く過ごしていくには何事も予防が大切です!

こういったことも意識することで、思わぬ怪我や寝たきり生活が防げる可能性が上がります。

ぜひ意識して過ごしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です