こんにちは!

今回は『ランニング』のメリットについてお話ししたいと思います。

皆さんは『ランニング』する習慣はありますか?

「健康のために走ろうかな」と考える方にとても良い情報があったので、お話ししていきたいと思います。


軽いランニングでも死亡リスクは下がる


今回は2019年11月にBMJ Journalsに掲載された、ビクトリア大学の研究を参考にしています。

この研究は20万人以上の人を対象とした、14の研究をまとめたメタ分析という手法で行われました。

その結果、ランニングする人は全死亡リスクが27%低下したと報告されています。

また、心血管系の死亡リスクは30%低下したと報告されています。

さらに、ガンによる死亡リスクは23%低下したと報告されています。

ランニングは健康に良いですが、死亡リスクも下げるメリットがあるようです。

最近ランニングしている方も多いので、健康維持のモチベーションになりますね。


どれくらい走れば良い?


この研究では、ランニングの量は少なくても、健康効果(死亡リスクの低下)があると報告されています。

データから見ると、週1~2回、1週間の走った総合時間が50分以下でも、全死亡リスクを下げる効果はありそうです。

1週間で合計の運動量が50分、だいたい60分だとしても、1週間で168時間あるうちの1時間、ということは1週間の0.5%だけの運動で健康は得られるということです。

こう考えると、本当にできないのかな?自分はそんなに忙しいのかな?と見直せると思います。

健康のために少しだけでも走ってみてはいかがでしょうか?

最近、筋トレしかやっていなかったので、私自身も少しはランニングをやっていこうかなと思います(笑)

また情報発信をしていきたいと思います!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です