健康

脳を悪くする炎症とは!?

今回は慢性的な炎症のお話をしたいと思います。

慢性炎症というと、あんまりイメージが湧きにくいですが、『なんか調子悪いな』『なんかぼーっとするな』『なんか疲れがたまっているな』のような状態でも炎症は起きています。

内臓脂肪や肥満などでも慢性的な炎症反応を体は起こしてしまいます。


慢性炎症は頭を悪くする


2019年2月にNeurologyに掲載された研究によると、炎症は心臓の健康だけでなく、脳の健康にも影響があると報告されています。

この研究は12000人に対して炎症関連の血液検査を行って、20年間にわたって経過をみていった研究です。

その結果、炎症が認知機能の低下と関連しており、炎症の高い方は低い方と比べて7.8%の認知機能の低下が起きていたと報告されています。



やはり体調不良は、その後の脳にも影響してしまうようです。

日頃の体のメンテナンスが未来の自分の為になるんだと改めて実感します。

是非皆さんお体を大切に、体調管理を行ってください。

今後は慢性炎症に対しての対策もお話ししていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です