こんにちは!

今日は個人的に面白いなと思った研究をご紹介したいと思います。

皆さんは全身振動の機械ってご存知でしょうか?

床の部分から振動を発生させ、全身を振動させるものです。

なんと元は、宇宙飛行士が地球に帰ってきたときに、筋力低下や骨量の減少に対して改善させるための、トレーニング機器として作られたもので、最近は筋緊張の緩和などの効果もあると言われています。

さらに最近では、病院で導入されているところもあり、スポーツジムや一般化されたものが健康器具販売で良く見るようになりました。

この全身振動機械がもしかしたら、思わぬ健康効果があるかもということを、今回はお話ししていきたいと思います。


腸内細菌が17.75倍増加!


今回は2019年6月Int. J. Mol. Sciに掲載された、ジョージア医科大学の研究を参考にしています。

この研究はマウス段階の研究のため、今後の可能性としてみて頂けたらと思います。

内容は、二型糖尿病のマウスをモデルとし、毎日20分間、周波数30㎐の全身振動を受けさせ、分析した研究です。

その結果、全身振動を受けたマウスは、バクテロイデス系の菌の増加がみられ、特にアリスチペスという菌が17.75倍に増加したと報告されています。

バクテロイデス菌とは、一般的に「痩せ菌」と言われ、日和見菌の一種であり、善玉菌が優位だと増殖しやすい腸内細菌です。

特にこのアリスチペス菌は短絡脂肪酸の生成を担っています。

短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が食物繊維を分解して作られる物で、肥満の予防腸内の炎症の緩和に役立つ素晴らしい物質です。


全身運動で免疫UP!


この研究では、炎症を抑制させる免疫細胞での増加と抗炎症成分の増加が見られたと報告されています。

もしかしたら全身振動が、老化最大の敵の『炎症』に対しても効果があり、アンチエイジングなどに良いのかもしれませんね!

今後に期待です!

また面白い情報があったら、お話ししていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です